2018年01月05日

白寿記念 堀文子展

image1.jpegimage1.jpeg葉山の美術館で、「白寿記念 堀文子展」をやっています。10月に亡くなった主人の母と同い歳!!プロフィールを検索すると、母とは正反対のような生き方でした。
これはゴッホ、これはルノワール!とわかるような画風はなく、でも、どれも女性らしく優しい絵でした。「徹子の部屋」に掛かっている青い服の王女様も堀文子さんの絵でした。写生だけでなく、野の花をモチーフにデザインされた絵が多く、クリムトのような金箔を使った絵もあったり…展示数もとても多く、大満足でした。
「絵を描き始める時、怖くてしょうがないの…」とビデオの中で言ってらっしゃいました。白寿を迎える今も感動した物を全身全霊で描く…素敵です。
主人の母は戦後すぐに結婚。苦労しつつも3人の息子を平等に育ててくれたようで、3人は今もとても仲が良いです。前日までおしゃべりしながら一緒の食事をし、我々と同室で休み、亡くなるその日の朝まで自分で用を足し、綺麗なブラウスに着替えた後、自宅のベッドで亡くなりました。家族のことを思う強い母でした。「食事だけはよろしくお願いします。」「免許は取った方がいいと思います!」私への注文はこの2つだけでした。
女性の生き方を考えさせられる日となりました。

葉山美術館のレストランの海鮮カレー…豪華でした!!
-->
posted by ハウス・デ・ムジカ at 15:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。