2019年10月06日

栄フィル 夏休みコンサート2019. No.2

コンサートでは…
ヴィヴァルディ四季の「春」
アルビノーニ「オーボエコンチェルト」
ヘンデル水上の音楽「ホーンパイプ」
これらはチェンバロの音色で演奏。チェンバロっぽく聞こえるように、こっそりチェンバロのレッスンにも行きましたが、そのおかげで、楽しく弾くことが出来ました。
パイプオルガンの音を出したのは、レスピーギの「ローマの松」
ハープのパートを弾いたのは、プッチーニのオペラから「私のお父さん」と「star warsのメインテーマ」
他に、ピアノで「神笛」「夏の思い出」
楽器紹介で「メヌエット」や「エリーゼのために」のさわり部分も弾くという、私にとって、かつてない栄フィルのコンサートとなりました。
最初、企画委員の主人に「ヴィヴァルディ四季の1分間だけだから、チェンバロ弾いて!?」と言われて、練習終了の時刻が違うと帰宅が車1台で済まなくなるので引き受けました。それがだんだん、だんだん増えて…
後で、「最初に全部言ったら、キミは却下したでしょ〜」と!!…主人の作戦だったようです。
主人もコンマスは大変です。通常のヴァイオリン族の席決め〜ボーイング付け。
前にいればちゃらんぽらんに弾いているわけにはいきませんので、家では私の100倍練習しています。それに加えて、オケフェス指揮者体験コーナーで開演前に少人数で長時間弾いたり、賛助会報に、弦楽器の歴史を載せたり…
IMG_5282.jpg

とにかく、夏休みコンサートは、栄フィルのビックイベントになりました。我々だけでなく、寝ずに頑張っている方が沢山います。頭の下がる思いです。

とても大変ですが、この歳になっても、こ
んな事を大勢の仲間、若い方達と出来て、幸せだ!と思っています。

私は疲れ過ぎて打ち上げ出ずに帰宅。
ガレージの所で庭の花が癒してくれました。
IMG_4923.JPG












posted by ハウス・デ・ムジカ at 12:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。