2022年01月03日

母のコロナ禍の入院

2021年5月の発表会直前に倒れ入院となってしまった母…
半年間、2週間に一度のオンライン面会しか出来ず、寂しい時もあったと思います。私に出来ることは??と考え悩んでいた時、小学校1年生のMちゃんが、「お守り!!先生のお母さんが早く元気になれますようにって作ったの!」とお手紙とお守りを持って来てくださいました。これがヒントになりまして…image0.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage0.jpegimage1.jpegimage4.jpeg
まず母の日に母が見て色々思い出したり出来そうな記念の写真を貼ったスケッチブックを。その後も母の育てていたお庭の花や季節を感じるカード、元気になりそうな我が家の花の写真などをコメント付きで機会ある度に届けました。
それによって、看護師さん達と母の会話も弾み、数えるほどしか会えない我々の事も知っていたたげたようでした。担当の看護師さんがお手紙をくださったり、退院したのに私のことまで心配してお電話をくださったり…感謝!!嬉しかったです。
Mちゃんありがとうございました!!
posted by ハウス・デ・ムジカ at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。